「会社への就職ができない!」と悩む方もいますが、「会社を辞めたい」と思う方がいるのも事実です。ですが、長く愛着がある会社を辞める際、会社を辞めるルールを知る必要があります。

SPONSORED LINK

164398

実は、退職の際、退職届と辞表は違います。よく、辞表と書いて会社に提出する人がいますが、これは間違いです。

また、退職届には、退職届と書く場合と退職願いと書く場合があり、この書き方によって、会社側の受け取り方が違います。

更に、退職する際は、届願いを提出する時期があり、タイミングよって、円満退社できない場合もあります。

「もう辞めるから、円満退社なんて関係ない!」と思われるかもしれませんが、会社を辞める際は、なるべく円満で退社した方が良いです。

辞めるまでの間、社内にいずらくなりますし、退社後、辞めた会社とビジネス展開あるかもしれませんからね。

関連記事
送別会で渡そう!20代・30代の女性が退職した時に喜ぶプレゼント

まあ、会社を退社する際は、入社以上に気を使う事なので、正しく手続きを行い退社するようにしましょう。

退職時の届出を提出時期のタイミング

では、まず、退職時の届出の提出時期のタイミングをまず解説させて頂きます。退職する際、上司にいつ言えば良いのか悩みますよね。

本音を言えば、退社を決心したら、早く退社させてもらいたいものですが、最低でも辞めるのを報告して1ヶ月前に言うのが理想です。

これは、職業規則によりますが、会社側も引き継ぎがあるので、1ヶ月は必要になってきます。職業規則でも大体1ヶ月が通常ですね。

この辞めるまでの1ヶ月は本当に嫌です。

上司は勿論、先輩、後輩からも嫌な目で見られますからね。もし、この期間が本当に嫌だと言う人は、上司に辞める際に「皆には、ギリギリまで黙っておいてもらえますか?」と言ってみましょう。

上司がなんて言ってくるかはわかりませんが、中には黙っていてくれる上司もいるので、そのように言う勇気も大切です。

会社を辞めるのを拒否されたらどうするの?

その会社では光り輝けず会社を退社する人もいれば、その会社での成績もよく、人間性が良い人でも会社を辞める事があります。

退社を決意して、あっさり辞める事を受け入れてくれればよいのですが、優秀な人に限って、これを素直に受け入れるわけにはいきません。

特に、営業関連の仕事や従業員が少ない会社は、その人が辞める事で死活問題につながる可能性もあります。

しかし、会社側は従業員が辞める事=退社する事を認めない事=承諾しない事は、民事上不可能です。(民放627条)

万が一、会社側に、退職の意思=届出を提出し、それを認めてもらえない場合、労働基準監督署に相談してみましょう。但し、いきなり訴えると言う考え方ではなく、あくまでも相談です。

退社時に、会社側と揉めても良い事はありません。なので、労働基準監督署に行った際は「あくまでも相談なんですが。。」と言い、会社名は公表しないようにしましょう。

労働基準監督署で解決策を示し、辞める方法を提案してくれるはずです。

SPONSORED LINK

退職届と退職願の違い?提出書類の書き方を解説

会社を辞める際、よく”辞表”と封筒の表に書き、退職の意思を伝えるのが浸透していますが、一般の従業員が辞表と書いて、会社に提出するのは間違いです。

辞表は一般的に、会社の役員やプロジェクトリーダーが提出します。

「会社を辞めます」と告げると大抵の上司が、「じゃあ、辞表持ってきて」と言いますが、そのまま辞表と書いて持っていくのは間違いなのです。これは上司である人が無知なんですね。

では、役職がなく、プロジェクトのリーダーではない人は、なんて書いて退社の意思を伝えれば良いのか。

一般従業員の場合、「退職届」か「退職願」と書いて提出します。

この退職届と退職願は性質が全く違います。では、どう違うのか?
この2つの違いを解説していきます。

退職願はどんな時に提出するの?

退職願を簡単に説明すると、会社側があなたがまだ会社を辞める事を知らない時に、その意思を伝えるために提出します。

例えば、会社を辞める際に、まず上司にその意思を言葉で伝えると思うのですが、この時に、退職届も同時に提出します。

また、会社側と雇用期間が決まっている場合で、雇用期間満了と同時に会社を退社する場合でも退職届を提出します。

退職願は、あなたが「会社を辞めるのをやっぱりやめた!」と言う場合でも、これを撤回する事が可能です。但し、会社側が、それを受け入れない事もあるので、注意しましょう。自己都合の場合は、全て退職願です。

退職届はどんな時に提出するの?

退職届を簡単に説明すると、退職届は、会社側もあなたの退職を受け入れ、あなたとの間に退職が成立している事を証明するための届出です。

退職届は少し説明が難しいのですが、従業員から提出する種類ではなく、会社側が、退職届を促すケースがあるのです。

かつて、テレビドラマで「辞表持ってこい!」と上司が促すシーンがありましたが、これは間違いで、正しくは「退職届を持ってこい!」となります。

まあ、不当解雇のおそれがあるので、「退職届を持ってこい!」と会社側が促すケースはほとんどないようですが・・

退職届は、会社側と辞める従業員が、退社を了解している場合に提出する書類と言う事を覚えておいて下さい。会社都合の場合は、退職届です。

退職願・退職届の書き方

次に、退職願・退職届の書き方を解説します。

まず、退職願・退職届、どちらもそうですが、B5の白の用紙を用意して下さい。ここに退職願・退職届の文面を書いていきます。

Image 8
画像引用元:『失業保険と退職の段取り様』より

退職届・退職願いは、縦に書いていくと説明する人もいますが、横でも縦でもどちらでも問題ありません。但し、パソコンで文書を書くのではなく、全て手書きで書くようにしましょう。

他に注意として、『退職願・退職届』と書いた後は、”私事”もしくは”私儀”書いて下さい。退職予定日を書く箇所があるので、日付けを書く箇所は、提出日を書きましょう。

あと、退職届と退職願の書き方の違いですが、退職届は、以下の一文を変えて提出して下さい。その他は一緒です。

「この度一身上の都合により、平成●年●月●日をもちまして退職いたします。」

参考文献:『退職願・退職届の書き方』失業保険と退職の段取り様より

この書いた書式を封筒に入れ、上司に渡すのがながれです。たまに、封筒を茶封筒に選ぶ人がいますが、白地の封筒を選ぶのがマナーです。

退職願もしくは退職届と表に書き、裏に、自分が所属する部署と自分の名前を書き提出します。封筒には、上司の名前や会社名を書く必要はありません。

また、のりを付けて、封筒を閉じる必要もないです。会社住所に送る場合は別ですが、封筒は閉じない方が良いかもしれません。


以上、『退職届と退職願は違うの?届出の書き方と提出時期のタイミングを解説!』でした。

SPONSORED LINK