縦20㎝×横20㎝の折り紙で作る立体星は、5枚の折り紙を使って折っていきます。5枚の折り紙の組み合わせは自由で、組み合わせによって綺麗な立体星を折る事ができます。

SPONSORED LINK

立体星を綺麗に折る事ができれば、インテリアにも使えますし、小さいお子さんがいる方は、きっと喜ばれるはずです。

キャラクター折り紙も完成した時は感動しますが、オリジナルカラーの立体星は、完成した喜びを感じられるはずです。

ここでは、折り紙で折る立体星の折り方を優しく解説させて頂きます。

立体星の折り紙の折り方を解説!!

2015-07-31 12.20.13
立体星の折り紙を折る際、折り紙を5枚とスティックのりを用意して下さい。ちなみに、5枚の折り紙の色は、何でも構いません。

極端な話、カラー1色5枚でもOKです。ここでは、水色の折り紙を使って、立体星の一部の折り方を解説します。

2015-07-31 12.20.572015-07-31 12.21.12
↑まず、折り紙の中心を上記画像にように折ります。折ったら、裏面を開いて下さい。

2015-07-31 12.21.392015-07-31 12.22.12
↑裏面に中心線が出来るので、中心を目印に折っていきます。もう一方も同じように折ります。

2015-07-31 12.22.362015-07-31 12.23.25
↑次に角の太い、折り紙で言う上の部分を上記画像のように折っていきます。片方も同じように折ると、上記のようになります。

SPONSORED LINK

Image 1
↑上記のようになったら、折り紙を裏方向に半分に折ります。すると下記画像のようになります。

2015-07-31 12.24.372015-07-31 12.25.15
↑上記の画像になったら、このままの方向で右側の側面を目印に折っていきます。右側の画像のように折ったら、これをひっくり返します。(スマホで閲覧している方は、下画像)

Image 3
↑折り紙をひっくり返すと上記画像のようになります。ここで赤丸印の角と角を中心線向けて折っていきます。

2015-07-31 12.29.562015-07-31 12.30.56

↑中心向け折っていくと、空洞ができます。この部分をクリップで停めて折りやすくします。空洞ができたら、右側の画像のように折ります。(スマホ閲覧の場合は下画像。)

Image 4
↑次に、赤丸の中の部分折り目を引き出していきます。

2015-07-31 12.32.442015-07-31 12.34.05
↑中の部分を引き出すと左側の画像のようになります。(スマホで閲覧の場合は上画像)正面から見て、左部分を引きだしたら、右部分も引き出します。

右側の画像のようになったら、クリップで底をとめておきましょう。(スマホで閲覧の場合は下画像)

Image 6
↑ここで、赤丸部分⇔折り紙の白い部分をのりでくっつけます。

2015-07-31 14.44.332015-07-31 14.44.46
↑画像の折り紙は水色から紫色になっていますが、上記のようにのりで張り付けて下さい。

これで立体星の一角が完成です。この手順をもとに、同じ形のモノを5つ作成します。

Image 7
↑5つの形が完成したら、上記画像のようにのりで星を組み合わせていきます。

2015-07-31 14.46.342015-07-31 14.49.43
↑5つのカラーを同じようにのりで組み合わせると星が完成します。折り目ができているので、ふくらませるように星を立体にしていきます。

2015-07-31 14.54.01
↑これで、立体星の折り紙が完成です。


以上、『5枚の折り紙で作る!少し大き目の綺麗な立体星の折り方』でした。

SPONSORED LINK