あネットもそうですが、スマホには、依存性があると言います。勿論、最初は、暇潰しで楽しんでいたにも関わらず、いつの間にか、スマホやPC・タブレットがないと落ち着かいない状態が続きます。ここでは、スマホ依存症にならないための対策と治し方を解説させて頂きます。

SPONSORED LINK

ネットやスマホの依存症は、そのままにしておくと考えてもいなかった病気になるので、自分自身で気がつく事が大切です。

ネットやスマホ依存症の原因と症状

大人でもそうですが、最近は子供でもスマホ依存症の人が増えているそうです。確かに、小学生や中学生でもスマホを持っている人は多く、歩きながら、スマホを見ている子って多いですよね。

ですが、なぜ、歩きながらも、スマホを見ていなければいけないのでしょうか?

その理由は、男女によって異なります。男子の場合、ネットゲームにはまり、女子は、LINEなどのSNSに依存する事によって、スマホから目が離せなくなり、依存症になっていくそうです。

確かに、最近のネットゲーム(オンラインゲーム)は、男子としてはまってしまう要素が多いですよね。また、女子の場合も同様、LINEの返信を早く返しがたいために、スマホから目が離せなくなるようです。

ですが、スマホやPCへの依存は注意が必要です。

まず、スマホやネット依存症になると、睡眠障害を引き起こすと言われています。睡眠障害とは、寝つきが悪くなったり、夜中に目が覚めてしまったりする症状のことです。

この症状が大きくなり、日中の行動が調子が悪くなり、次第にひきこもりになっていきます。次第に、生活のリズムが崩れていき、精神状態も悪くなります。最悪、うつ状態になるとも言われています。

子供の頃のスマホ依存症は、コミニケーション能力を低下させるとも言われています。なので、少しでも自分がスマホ依存症だと感じたら、依存症を治すように克服していきましょう。

ネットやスマホの依存症を克服する方法

結構恐ろしい症状があるスマホ依存症ですが、その気になれば、短期間で克服する事ができます。ここからは、ネットやスマホ依存症を克服する方法を解説します。

まずは、自分がスマホ依存症だと自覚する事

スマホ依存症の人は、自分がスマホ依存症だと気がついていない人がほとんどです。なので、まずは、それを自覚する事が大切です。

スマホ依存度チェック
  • スマホに夢中になってしまう事がある
  • スマホを使う時間が日々増えている
  • スマホを使う時間を短くしようとしているのに出来ない。
  • 人との会話中にスマホを触るクセがある
  • 仕事中や授業中にスマホが気になる
  • スマホが近くにないと不安になる
  • SNSで誰かと知り合う事がリアルよりも楽しい
  • 通勤電車や暇な時間があるとスマホを触っている
  • 何をするでもないのにスマホを触っている

以上に該当する方は、スマホ依存症を自分自身で疑いましょう。

SPONSORED LINK

まずは、生活環境を整える

いきなり、スマホやPCを見る時間を減らしたりすると逆にストレスになるので、まずは、自分の生活環境を整えます。

スマホやネットPC依存症の方は多くの方が、夜遅くまで起きていたり、朝の目覚めが悪かったりします。なので、夜早く寝る事、そして、朝早く起きる事を心がけるようにしましょう。

また、朝起きたら、軽い運動をすると尚良いです。

家族や友人と食事をするようにする

スマホの依存症になる方は、暇潰しで始めたオンラインゲームやSNSが、いつの間にか生活の一部になっている事が多いです。

なので、1人でいる時間をなるべく減らすようにしましょう。

友人と食事に行く時間を増やしたり、夕食はなるべく家族と食事をとるようにしましょう。また、朝昼晩と食事をする事で、同時に生活のリズムも整えます。

スマホを使う上でのルールを決める

生活のリズムを徐々に整えたら、次にスマホを使う上でのルールを設定するようにしましょう。例えば、人と会話する時は、スマホを触らないとかのルールです。

スマホ依存症の方はそうですが、遊んでいる時やデートの時でも、スマホが気になり、スマホをちょくちょく触っている傾向にあります。なので、人と会っている時は、スマホの電源をオフにするなどして対策しましょう。

あと、スマホを使う時間を決めるのも一つです。目安として、1日1時間~2時間が一つの目安時間です。スマホアプリのスマホ禁止タイマーを設定しておくのも一つの方法です。

おすすめアプリ
ゲームのやり過ぎの方向け『スマホ禁止タイマー』はこちら

1日の行動を記録する

生活リズムを整え、スマホを使う時間を決めたら、今度は1日の行動を記録していきましょう。その際に、”ネット””スマホ”と記録するのではなく、具体的に何をやったのか記録する事が大切です。

具体的に『LINEで友達とやり取り』、『ネットゲームで遊んだ』などネットやスマホで何をしたのかを書いていきましょう。

その先に何があるかを真剣に考える

芸能人がSNSにはまるのは、知名度アップと言う目的があります。ですが、一般の方がSNSで情報を発信しても、定着する事はありません。

また、オンラインゲームもそうですが、ネットゲームは課金するように作られています。たとえ、ゲームをクリアしても得るものがないのです。それであれば、家庭用のゲーム機でゲームをする事に切り替えた方が良いです。

なので、SNSやオンラインゲームをする際は、その後になにがあるのかをしっかり考えるようにしましょう。


以上、『2週間で克服するぞ!スマホ依存症にならないための対策と治し方』でした。

ここまでの流れをまずは2週間継続して実施してみて下さい。万が一、これで解決しない場合、医師などに相談する事も検討してみましょう。

SPONSORED LINK