虫垂(ちゅうすい)とは、お腹の右下部分。良く言う盲腸の部分の器官の一部のことをいいます。この部分が炎症すると、虫垂炎になります。

盲腸部分の器官が炎症することから、かつは盲腸炎(もうちょうえん)と呼ばれていました。よく、「盲腸で手術した」と言う人がいますが、これは正式名を虫垂炎と呼びます。

SPONSORED LINK

2902b9cc969749c0e1478baaeab15c35_m

ただ、虫垂炎は、腹痛と同じような症状で発生するので、虫垂炎と気がつかない場合が多いんですね。

そこで、今回は、普通の腹痛と間違えないように、虫垂炎の初期症状と原因。回復後の治療方法を解説させて頂きます。

虫垂炎は初期症状がわかれば怖くない!

虫垂炎は、腹痛と同じようにお腹が痛くなるのですが、早く発見しないと虫垂部分の炎症が酷くなり、初期状態で気がつかないと開腹手術をする場合があります。

よく、「最近は薬が進化しているので、開腹手術する必要がない」と言う人がいますが、実際は、そうではなくて、虫垂炎と気がつかない事で、症状が悪化し、開腹手術せざるおえなくなると言うのが真実のようです。

かつて、開腹手術が多かったのは、虫垂炎だとは気がつかず、「ただの腹痛!」と安心する人が多かったからと言われています。それぐらい虫垂炎への認識が低かったんですね。

また、虫垂炎は原因が一切わからない病気です。

そのため、通常の生活でそれを予防する方法がありません。誰にでも、ある日、突然襲ってくる病気です。

なので、虫垂炎は、初期症状で発見し、医師に診断してもらう事が大切なのです。そうすれば、開腹手術する可能性は低くなりますし、場合によっては薬だけの治療する事もできます。

虫垂炎の初期症状で起こるよくある症状

では、虫垂炎の初期症状を解説します。これは、よくある虫垂炎の症状なので、ここで該当する方は、いち早く、病院へ行くようしょう。

心窩部から右下腹部への痛み

虫垂炎は、右下腹部が痛くなると言われていますが、初期段階でこの部分が痛くなることはほとんどないと言います。では、どのような痛みがあるのか?

まず、腹部の心窩部(しんかぶつう)が痛くなります。心窩部(しんかぶつう)とは、腹部のみぞおちの部分です。

この心窩部(しんかぶつう)が痛くなり、徐々に、中央のへそまわりが痛くなり、約1日を経過して、右下の腹部が痛くなるとされています。

虫垂炎はどんな痛み

普通の腹痛と虫垂炎の大きな違いは、その痛みです。虫垂炎は、とにかく激しい痛いみにおそわれるようです。

そのため、「これは明らかに腹痛とは違う」となるのですが、初期症状では、そこまでの痛みを感じないのが通常で、「チクチクした痛みを感じた」と思うぐらいが、初期の痛みです。

そのため、痛みで虫垂炎の症状を判断するのが難しと言えます。

SPONSORED LINK

37.3℃以上の発熱

虫垂炎は、腹部の痛みから症状が判断しずらく、痛みも徐々にわかるものなので、この2つで、初期症状が判断しずらい病気です。なので、その他の症状も判断材料にしましょう。

まず、腹痛で、みぞおち部分が痛く、発熱が発生した場合、虫垂炎の可能性が高いです。虫垂炎の場合、37.3℃以上の熱がでます。

この発熱を一つの判断材料にして下さい。但し、発熱が出ない人もいるので、あくまでも1つの判断材料にして下さいね。

食欲不振と吐き気

腹部のみぞおち部分の痛みと食欲不振が同時に起こっても、虫垂炎の可能性があります。また、吐き気が同時に起こったら、黄色信号です。すぐに病院へ向かいましょう。

ですが、発熱も吐き気も起こらないケースもあるので、これだけを判断材料にしないようにしましょう。

反跳痛で腹部を確認する

見慣れない言葉ですが、反跳痛と書いて”はんちょうつう”と読みます。

反跳痛を簡単に説明すると、腹部を手で押したり、引いたりすることで発生する痛みのことで、反跳痛で腹部が痛む場合、炎症が発生している可能性があります。

虫垂炎の場合、初期段階で、みぞおち部分が痛い場合でも、右腹部を反跳痛する事で虫垂炎、痛みを早期に発見する事ができます。

その他に初期で虫垂炎を判断する方法

ここまでで説明した通り、虫垂炎は、初期症状では判断しずらい病気です。

昔は、盲腸と言えば、”大きな病気ではない”と言う人もいましたが、発見が遅れると炎症が酷くなり、化膿・壊死する場合もあります。なので、小さい症状も見逃さないようにしましょう。

最後に、虫垂炎を初期症状で発見する、その他の方法を解説します。

腹部が痛いと感じ、それがみぞおちの場合、まず、両足のかかとを忠に浮かせ、勢いよく、かかとを地面に叩きつけます。すると、右腹部に痛みが発生する場合があります。

この場合、右腹部に炎症が発生している場合が極めて高いので、虫垂炎になっている可能性があります。反跳痛で痛みを感じられない場合、最後の確認方法として、この方法を実施してみましょう。

以上の事が、虫垂炎の初期段階で考えられる症状です。

ここで2つ以上でも、当てはまる箇所があれば、虫垂炎の疑いがあるので、すぐに病院へ行くようにしましょう。

病院へ行くと、色々な診断方法がありますが、腹部CT検査やエコー検査で、虫垂が炎症していかを診断する事で、虫垂炎を発見すう事ができます。

最近の治療方法は、段階をおって治療していくので、いきなり開腹手術するケースは少ないです。ですが、初期症状で発見できれば発見できるほど、虫垂炎の場合は、治療が容易です。

なので、少しでも、虫垂炎を疑う場合、病院へ行くようにしましょうね。

SPONSORED LINK